2006年3月12日に行われた「厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地への移駐案受け入れの賛否を問う住民投票」で住民の半数を超える人の「NO!」の思いが表されました。その声を国に届け続けて行きましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
修正予算案が可決されました。市長が辞職され、来年早々市長選へ!
今日、岩国市議会最終日に5度目の予算案が提案されました。
午前中の総務委員会で井原勝介市長が辞職を申し出られ、市議会議長に辞職願いを提出され、受理されました。
総務委員会で採決の結果、賛成4、反対4で、議長決裁となり、否決されました。
そこで、容認派議員たちが、4億8千万円を国からの補助金とし、残りの27億円を合併特例債をあてるという修正案が提案され、議論が紛糾したようです。

午後の本会議で、岩国市長は正式に辞意を表明され、市議会がこれを承認しました。
これを受けて、12月28日付けで井原市長は辞職され、この日から50日以内に市長選が行われる事になります。

そして、予算案は原案が否決され、修正案が可決されました。
田村順玄さんは、これ以上、市民を混乱させる訳にはいかない。原案は何があっても通らない。それよりは、今回合併特例債27億円を確保する事の方が重要であり、あくまで国に対して35億円の補助金を約束通り払うことを要求して行くべきであるとコメントされています。

とりあえず、4億8千万は財源が保障されていません。
あくまで国に対して、約束を果たす事を要求して行く必要があります。

そして、井原勝介市長は、次の市長選に立候補を表明されています。
今こそ民意を問い、ねじれを解消する必要があると判断されたようです。
新たな市長選に向けて、全国的にバックアップをしていくことが必要だと思います。

引き続き全国的なご支援をお願いいたします。





スポンサーサイト
1周年記念集会アピール
6月9日14:00から、岩国市民会館小ホールにおいて、「わたしたちは立ち上がった ~これまで、そしてこれから‥‥」を開催し、約100名の方が集まってくださいました。

「住民投票の成果を活かす岩国市民の会」1周年記念集会
「わたしたちは立ち上がった ~これまで、そしてこれから‥‥」
 集会アピール


 昨年3月12日、住民投票を成功させるために私たち岩国市民は 立ち上がりました。そして、その日から今日まで、岩国市においては 様々なことが起こりましたが、その度に私たちは立ち上がり、行動を起 こしてきました。
 本来、「沖合移設事業」は、「騒音対策・安全対策・跡地返還」の為であって、決して「米軍再編に伴う厚木から空母艦載機部隊の移駐の為ではなかったはずです。愛宕山開発も「より暮らし良い住宅地になるんだ」と言われ続け周辺住民の方々は泣く泣く了承させられ、掘削機や発破の騒音に耐えて来られました。こんな騙まし討ちを私たちは絶対に許すわけにはいきません。?
 もし、ここで「移駐」を受け入れてしまったら、空母艦載機部隊だけで はなく、次々に岩国に新たな部隊が移駐されることになるでしょう。そうならない為に私たちは精一杯声をあげてきました。そのような私たち市民の「民意」を受けとめ、岩国市長も反対の意思を貫き続けています。
 そんな岩国市に対し、国は山口県を巻き込みながら、次々と 圧力をかけてきています。岩国市の中でも「このままでは『痛 み』だけが来てしまい、もらえるものがもらえなくなる」と地域振興策を求める声が市議会や市民の中からも聞こえてきます。けれども、岩国市長も私たち市民も「痛み」である空母艦載機部隊の移転を撤回させる為に、反対の声を上げ、行動し続けているのです。安全や安心なくしての「地域振興策」などあろうはずはありません。
 今後も、国からの圧力はよりいっそう強くなるかもしれません。けれども、10年先、100年先、未来永劫にわたって後悔することのない ようにする為にも、市長と議会、そして市民が一致団結して声を上げ 続けていきたいと思います。
 私たちの街の未来を決めるのは、政治家だけではなく、私たち市民自身です。
 これから先、岩国市議会だけではなく、山口県に対しても、私たちの 安全で安心できるくらしを守って行くために、私たち岩国市民の思いを伝えていかなければなりません。
 今後もあきらめることなく、この無謀な移転計画が白紙撤回されるま で粘り強く声を上げ、私たちにできることを共に考え、共に行動し続け て行くことをここに確認いたします。

 2007年6月9日

    住民投票の成果を活かす岩国市民の会1周年記念集会
「わたしたちは立ち上がった~これまで、そしてこれから」参加者一同
市議会議員への公開質問状
  岩国市議会議員への公開質問状の回答状況

 当会では、3月定例市議会での「一般会計予算案」の否決と、「在日米軍再編に係る決議」の可決を受け、34人の岩国市議全員に4月15日付けで「公開質問状」を送付しました。
 けれども、34人中回答があったのは9名の議員、残りの25名の議員は無回答でした。そのうち、1名は無記名で「申し訳ございませんが、議会会派で申し合わせをしており、回答致しませんので、ご了承くださいませ」というメッセージとともに切手を送り返してこられました。公開質問状をお送りする際に「会派としてではなく、議員自身のお考えを誠実にお答えいただきたい」とお願いしているにもかかわらず、会派で申し合わせが行われていたことはとても残念に思います。
 しかも、昨年3月の住民投票と昨年4月の市長選で示された民意と異なる決議に不安や怒りを隠せない市民も少なくない状況の中で、3分の1の方からしか回答がいただけなかったことをとても残念に思います。

<回答いただいた議員>
 石原 真、重岡邦昭、田村順玄:野口 進、姫野敦子、藤井哲史、村中 洋、
 渡 吉弘
 
<回答いただけなかった議員>
 阿部秀樹、縄田忠雄、細見正行、前野弘明、貴船 斉、中塚一廣、藤本泰也、
 宗正久明、井上昭治、河合伸治、河本千代子、越澤二代、片山原司、高田和博、
 藤重建治、松本久次、味村憲征、桑原敏幸、武田正之、林 雅之、大西明子、
 藤本博司、古谷清子、山田泰之、西村幸博、石本 崇
                                (敬称略)
2007年6月9日
住民投票の成果を活かす岩国市民の会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2007年4月15日
岩国市議会議員       様
公 開 質 問 状
住民投票の成果を活かす岩国市民の会
代表:大川 清
〒741-0062 岩国市岩国1-17-29
Fax:050-3316-9698
Eメール:iwakuni_ikasukai312@yahoo.co.jp
 今年3月に行われた定例市議会において、突然「一般会計予算案」が否決され、「在日米軍再編に係る決議」が賛成22票、反対11票で可決されました。
 昨年3月の住民投票と昨年4月の市長選で示された民意と異なる決議に不安や怒りを隠せない市民も少なくはありません。
 そこで、以下の質問に会派としてではなく、議員自身のお考えを誠実にお答えいただきたいと思います。お忙しい中とは思いますが、4月末日までに上記のところまで、ご回答くださいますように願いいたします。
 なお、いただいた回答はホームページなどを通して公開させていただきます。


1.あなたは3月定例市議会最終日の「一般会計予算案否決」という事態を
  どのように受け止め、どのように考えておられますか?
石原 真:岩国市にとって大変憂慮しべき状況である。
重岡邦昭:岩国市民の民生安定を確保できる最低限の予算であり、否決した事は暴挙という   
     しか無い。よって、米軍再編反対・賛成を個人の利益及び政争の具にした事は完   
     全に民意を無視した愚かな行為と言えよう。
田村順玄:否決は不当だ。市民生活に大きな影響があり、深刻に考えている。
野口 進:一言で言えば「異常事態」  
姫野敦子:市民生活を維持、改善するための大切な予算であり、「暫定予算を組めば良い」
     という否決容認議員達の声に心を痛めている。
藤井哲史:申し訳ありません。予算に賛成していただく様に努力したのですが、賛成数が足
     りませんでした。
村中 洋:市民生活への影響は裂けられず、深刻な事態となっている。6月議会では可決、
     成立させなければならないと考えている。
渡 吉弘:市民の皆様に大変ご迷惑をおかけしたと思っている。


2.あなたは、一般会計予算案に賛成されましたか?
石原 真:a.はい
重岡邦昭:a.はい
田村順玄:a.はい
野口 進:a.はい
姫野敦子:a.はい
藤井哲史:a.はい
村中 洋:a.はい
渡 吉弘:a.はい



3.一般会計予算案が否決された事で、市民にどのような影響が及ぼされるとお考
  えですか?
石原 真:市民生活に停滞と不利益が生じる。
重岡邦昭:岩国市民の民生安定を確保できない。福祉対策、教育対策、景気対策等、全てに  
     悪影響を及ぼす。特に自然災害に対する工事、学校耐震調査の遅れ、地元企業の  
     発注の遅れなど。なになによりも岩国市が今全力で走らなければならない中、そ
     の足を引っ張る事となった。
田村順玄:「米軍再編」反対への大きな圧力.新規及び投資的事業のテイタイ。
野口 進:誰もが未経験の事態に、市民は大きな不安を感じています。このことが最も重大 
     な問題です。
姫野敦子:道路や市民サービス、療育や商工など、多くの新規、投資的事業が執行できない
     ため、様々な市民生活への多大な影響を与えるし、県や担当の職員への信用も失
     われ、今後においても補助が行われにくくなる。
藤井哲史:市民生活に多大な悪影響が出て来ると思います。
村中 洋:現在の暫定予算には限界がある事.必要不可欠な事業が停止状態にある事から、
     予算否決による影響はいずれ市民の負担を強いるだけである事を訴えていかなけ
     ればならない。
渡 吉弘:新しい事業等、市民が期待していた事業が執行できない。申し訳ない。


4.一般会計予算案が否決された事で、不安を感じている市民に対し、どのよう
  な対策を講じられる事をお考えですか?
石原 真:一日でも早い本予算の成立が必要であり、それに向け努力したい。
重岡邦昭:1日も早く、臨時議会において、平成19年度予算を可決することである。岩国
     市を早く正常なレールに載せる。そして、民生安定の為の施策を市民に具体的に
     示し、公表する事が今大事なことと思う。
田村順玄:6月議会では、必ず本予算を成立させなければならない。
野口 進:私たち市民クラブは、3月定例会閉会後すぐに、市長に対し、市民生活に大きな 
     影響が出ないよう要望書を出しました。これからは、できるだけ早い時期に新年   
     度予算が通る努力をしていくつもりです。
姫野敦子:市町に現実的な対応を迫る半数以上の議会議員の状況等を情報紙や議会報告会を
     通じて説明して行く。
藤井哲史:6月議会では本予算成立に全力を尽くします。
渡 吉弘:議員としては、否決された事の事実関係やその中身についての責任責任を果たし
     たい。





5.あなたは3月定例市議会最終日の「在日米軍再編に係る決議」が可決された
  ことについてどのようにお考えですか?
石原 真:住民投票が行われた時と現在の状況は変わっていない。賛成・反対ではなく、国
     と協議を行う事が急務であり、時期尚早である。
重岡邦昭:住民投票、市長選で示された民意を無視した行為にあきれている。議会は、主権
     在民を忘れている。平成13年9月11日、同時多発テロ以後、東アジアにおける
     国防をとりまく安全保障に変化のない中、反対から容認に変更する事は、公約違
     反としか言いようがない。米軍再編を市民不在の政争の具にしている。
田村順玄:市民意思を無視した暴挙である。
野口 進:在日米軍再編を取り巻くさまざまな状況が変化しているこの時期に、議会とし
     て、十分に議論していく必要があります。よって、今のこの時期に、このような
     決議をすべきではないと考え、反対しました。
姫野敦子:議員としてのあり方や判断を遺憾に感じますし、情けなく思います。
藤井哲史:議会と執行部は同じ方向で国と交渉すべきですが、現状はちがっており、市政の
     混迷を深めたと思います。慎重な対応が必要と考えます。市長も国と密な交渉を
     行い、市民に知らせるべきだと考えます。色々な情報と運動が起きており、市民
     に動揺が出ている。苦慮しています。
村中 洋:課題山積の中で国との協議中であり、時期尚早。
渡 吉弘:「民意」を無視した行為であり、大変残念な事だと思っている。「現実的対応」
     について、わかりやすく、市民に説明すべきと思う。


6.あなたは、3月定例市議会において「在日米軍再編に係る決議」に賛成されま
  したか?
石原 真:b.いいえ
重岡邦昭:b.いいえ
田村順玄:b.いいえ
野口 進:b.いいえ
姫野敦子:b.いいえ
藤井哲史:b.いいえ
村中 洋:b.いいえ
渡 吉弘:b.いいえ


7.6ではいと答えられた方へ
  あなたは、昨年10月の市議選に立候補した際に、「艦載機部隊受け入れ」にど  
  のような判断を表明し、もしくは公約に掲げられましたか?
   a.容認する  b.反対する  c.どちらでもない
姫野敦子:b.反対する
無記名氏:b.反対する。(但し選挙前に実施されたアンケートには参加していない。)
8. 7で「反対する」と答えられた方へ
  3月定例市議会において「在日米軍再編に係る決議」に賛成されたというこ
  とは、公約違反になるとお考えにはなりませんか?
   a.思う   b.思わない   c.どちらでもない
   その理由もお答えください。
田村順玄:a.思う。
     『「受け入れ容認」とは言っていない』などという曖昧な行動は許されない。
姫野敦子:a.思う。
     「苦渋の選択」と言った軽い言葉で市民との約束をホゴにされている気がする。
村中 洋:a.思う。
     受け入れに反対を表明して、選挙に臨んでいたとしたら、決議に賛成する理由
     等、市民に対して明確な説明責任を問われる事になる。


9.あなたは3月定例市議会において「国防協力都市宣言を求める決議」が可決さ
  れたことについてどのようにお考えですか
石原 真:岩国基地が今後更に軍事拡大される恐れがあり、大変危険なことである。
重岡邦昭:私は反対いたしましたが。市議会保守系会派連絡会議の市議による等、数の力に
     よる独裁的な権力政治体制を確立していこうとする考えがありありと見え、少し
     恐い気がしました。
田村順玄:全国最先端の反動的行為だ。戦争できる国への道すじとして心配。
野口 進:今までも岩国市は、国防に十分協力してきています。今、この重大な時期に、全
     国でも例のない、このような決議をする必要はないと判断し、反対しました。
姫野敦子:おおよそ、地方議会でこのような決議を可決して市に求める等という状況は信じ
     られない。この町では国防のためには、御自由に…、御活用ください…と言って
     いるようなもの。
藤井哲史:岩国市にとって、より慎重な対応が必要と考えます。
村中 洋:平和を願う岩国市民にとって馴染まないものである。
渡 吉弘:話にならない。恥ずかしいことである。


10. あなたは「無防備地域宣言」が各地で審議されている事をご存知ですか?
石原 真:b.いいえ
重岡邦昭:a.はい
田村順玄:a.はい
野口 進:a.はい
姫野敦子:a.はい
藤井哲史:b.いいえ
村中 洋:a.はい
渡 吉弘:a.はい




 


岩国市はこれからどうなるの?
本日14:00から岩国市民会館において「岩国市はこれからどうなるの?~3月定例市議会の動きをめぐって~」を開催しました。
お花見気分もさめやらぬ日曜日であるにもかかわらず、150人近い人が集まってくださいました。
差し迫ったご案内にもかかわらず、これだけの方がお集りくださったのは、それだけ3月定例市議会の動きをめぐって市民のみなさまが不安や怒りを感じておられることの現れではないでしょうか。

大川代表の挨拶にひきつづき、スライドショーを用いて、これまでの経過をご説明いたしました。

3月定例市議会で一般会計予算案が否決されるという事態が起こり、これからの岩国市の財政はどうなるの?とみなさん不安を抱かれていると思いますが、6月まで暫定予算が組まれ、それに基づいてこれまで行われてきた事業は継続する事ができます。
市の市庁舎も2005年からの継続事業として行う事ができます。


また、「このままでは痛みだけが来て、もらえるものがもらえなくなる」という言葉を耳にします。あたかも「艦載機移転」が決まったことのような議論がなされています。この背景には、現在通常国会に「米軍再編促進法案」が提案され、4月13日に衆議院本会議で強行採決の末、可決されてしまいました。
けれども、このような議案が審議されているのは、米軍再編を推し進める為には、地元の理解が不可欠であり、地元に「容認」させるように、「アメとムチ」でお金でほっぺたをたたくような方法をとろうとしているのです。
 この法律からも、市長が反対を貫いている限り、国は艦載機移転を強行する事はできないのです。

「在日米軍再編に係る決議」を提出した議員たちは、「住民投票から民意はかわっている」ことを変節の理由としてあげていましたが、果たして民意はかわっているのでしょうか?4月8日の山口県議選で「移転反対」を公約に掲げる候補者2人が現職の自民党議員が落選する中、当選したことに、岩国市民の「民意」は変わっていない事が改めて示されたのではないでしょうか。

ですから、今こそ自治体と連携し、反対の民意を貫き続けて行く事が必要なのではないでしょうか?



岩国市の財政はどうなるの?
本当は、今日の集会に市の財政課に来ていただいて、一般会計予算案否決という事態が起こり、岩国市の財政がどうなるのかということを説明いただきたかったのですが、参加していただくことができなかったので、代わりに今日のために市の財政課に資料を作っていただきました。その資料に基づいて、田村順玄市議から、3月定例市議会の様子と、暫定予算がどうなるのかを説明していただきました。

まず、一般会計否決の理由としてあげられたのが、「市長に反省を促すため」という理由であり、本来の一般会計についての論点からずれたものであることが指摘されました。
市庁舎の補助金カットがその理由としてあげられていますが、本来約束されたものであり、怒りの矛先は国に向けるべきものであり、それを市長に向けているという事が論点がずれていることも指摘されました。

そして、新規事業以外の継続事業については、特にすでに着手されている事業については、暫定予算に全額計上されている事がわかりました。その中には、市の市庁舎の建設費も含まれています.それは、すでに着工され、業者とも契約がなされているので、「債務負担行為」として認められているそうです。すでに、骨組みも組まれています。

それは、重岡市議等が情報公開で明らかにさせたものだそうですは、新市庁舎の国の補助金に関しては、2005年に国と市で覚え書きを交わしている事が明らかになっています。それに基づいて市庁舎の建設が行われており、すでに15億円は執行されているのです、残りの35億円の段階になってカットしてきたのは、国の側の責任である事も指摘をされました。

また、3月定例市議会最終日に、「国防協力都市宣言を求める決議」もどさくさにまぎれて可決されてしまっていますが、これは、ジュネーブ協定に基づき、「無防備地域宣言」をした都市はいかなる攻撃も加えてはならないという規定に基づいて「無防備地域宣言」を審議している都市が増えている中で、それに逆行するものであると指摘をされました。

20070416002857.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。