2006年3月12日に行われた「厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地への移駐案受け入れの賛否を問う住民投票」で住民の半数を超える人の「NO!」の思いが表されました。その声を国に届け続けて行きましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連続講座第2弾!のご案内
連続講座 第2弾!を行います。

今回の米軍再編は、岩国市だけではなく、周辺の市町村にも大きな影響をもたらします。すでに、周防大島でも低空飛行が行われており、騒音に悩まされ、事故の恐怖におびえる毎日が続いています。
そこで、周防大島から河合弘志さんにきていただいて、現在の大島の取り組みについてお話いただきたいと思います。
ぜひ、みなさまお誘い合わせの上、ご参加ください。

日時:2006年7月8日(土)14:00~
場所:岩国幼稚園(岩国市岩国1-17-29 0827-41-1028)
講師:河合弘志さん(周防大島在住)

お問い合わせは090-7540-0332まで


スポンサーサイト
新嘉手納爆音訴訟団来岩
20060628013428.jpg

2006年6月7日(水)新嘉手納爆音訴訟団の原告団会長 仲村清勇さん、副会長 又吉清喜さん、事務局長 仲村渠 実さんの3名が来岩されました。
田村順玄さんと大川清さんの案内で愛宕山、基地沖合移設工事現場などを視察された後、岩国市の基地対策課との懇談のときを持ちました。
沖縄の基地の現状について語ってくださいました
20060628014511.jpg


沖縄の基地はもともと米軍が「銃剣とブルドーザー」で強制的に略奪した土地である。沖縄の基地は個人の土地は略奪されたもの。厚木、横田から30年遅れて1996年に沖縄に対しても騒音防止協定が結ばれたが、アメリカは守っていない。新嘉手納爆音訴訟とは、「アメリカ政府も日本政府も法律を守ってください」という戦いなのです。と語ってくださいました。
嘉手納の1部隊が岩国に来る?
20060628015005.jpg


沖縄の新聞に「嘉手納のファントムの部隊(24機)が岩国に行く」と報じられた。と語る又吉さん。ファントムの着艦訓練を陸でするので、タッチアンドゴーを行うので、とてもうるさい。そのことを岩国に伝えたくてきてくださったようです。本来海上ですればよい訓練ですが、なぜ陸でやるかというと、海上でやるとその訓練を監視するところがないので、監視できる陸でやるそうです。「もし、ファントムの部隊が岩国に来たら間違いなくうるさくなりますよ」「基地対策課も忙しくなりますよ」と心配してくださっていました。
住民投票の成果を活かす会と交流してくださいました。
20060628015547.jpg

岩国市基地対策課との懇談の後、「住民投票の成果を活かす岩国市民の会」と交流のときを持ってくださいました。急なご案内にもかかわらず、11人も集まってくださり、3名の方と意見交換のときを持ちました。


仲村会長は、「沖縄の基地をヤマト(本土のこと)に持っていけばいいとはいいません。自分たちの苦労したことを人にさせてよいとはいいません。だからこそ、連携していきたい」と話してくださいました。
人間的に人間らしい生き方をめざして
20060628020116.jpg

嘉手納基地の戦闘機の騒音によって、嘉手納基地周辺の嘉手納町、北谷町、沖縄市の住民の人たちに様々な体調不良を訴える人が続出している現実、米兵による犯罪の現実についてお話くださいました。そして、騒音をなくすために行政がなにもしてくれないから司法に訴えるしかないこと、社会や正義を動かさないと静かな夜を取り戻すことができないのですと、訴訟の状況についてお話くださいました。

又吉副会長は、「人間的に人間らしい生き方を目指して、平和な住み良い社会を一緒につくりましょうや!」と語りかけてくださいました。

そのあと、ざっくばらんに意見交換を行うことができました。
こういうつながりがどんどんできていくといいですね。
錦帯橋にも上りました。
20060610040606


交流会の後、「せっかくきたのだから」と錦帯橋に行きたいと行ってくださり、食事の前に途中下車。又吉さんは元気に錦帯橋をわたられました。ほかのお二人は駐車場で待っておられましたが、「生きている内に二度とこれないよ!」と何度も誘っておられましたが、お二人は又吉さんが錦帯橋をわたるところを駐車場から写真におさめてくださいました。
その後、記念撮影。

3人は、次の日岩国市長を訪問しました。次の予定が入っていたので、15分くらい‥‥と言っていたのに、すっかり盛り上がり、1時間あまりじっくりお話することができたそうです。
沖縄から新嘉手納爆音訴訟団が来岩!
緊急企画!
「新嘉手納爆音訴訟団との交流会のご案内」

 沖縄の嘉手納基地の騒音被害に対し、日米両政府に差し止めを求める裁判を起こしておられる「新嘉手納爆音訴訟団」の方々が来岩されることになりました。
 今回の米軍再編の最終報告において、「訓練の分散」の名のもとに嘉手納基地の訓練が岩国基地に分散する案が盛り込まれています。
 それに対し、嘉手納と岩国が繋がることの必要性を感じ、意見交換をするために岩国に足を運んでくださるのです。
 急なご案内で申し訳ありませんが、ぜひご参加ください。

日時:2006年6月7日(水)16:00~
場所:岩国幼稚園(岩国市岩国1-19-27)

  ☆☆☆ 新嘉手納爆音訴訟とは ☆☆☆

沖縄の東アジア最大の米軍嘉手納基地の周辺住民5500人余りが、軍用機の騒音が日常生活や健康に大きな被害をもたらしているとして日米両政府に夜間の飛行差し止めと総額160億円余りの損害賠償を求めて提訴されました。
 2005年2月17日に、那覇地方裁判所沖縄支部の飯田恭示裁判長は、「騒音は耐えられる限度を超え、睡眠を妨害されるなど、住民は日常生活の中で精神的被害を受けている」と騒音の被害を認めました。そして、原告のうち3800人余りに総額で28億円余りを支払うよう国に命じました。
すでに造成が起こっている西工区を見ました
20060605214109.jpg

すでに造成が終わっている西工区を見下ろしました。
当初予定されていた宅地の6分の1しか売れないことがわかり、すでに造成されたこの西工区にはすでに芝が植えられています。つまり、ここはこのまま何も建設されず、空き地になってしまうのでしょうか?
[すでに造成が起こっている西工区を見ました]の続きを読む
地元の方のお話をお聞きしました。
20060605213105.jpg

集会所でお弁当を食べながら、地元の方のお話を聞きました。
発破作業が開始された当時に、発破の影響で近くの民家のガレージに入った亀裂などを撮影したビデオを見せていただきました。
 でも、十分な保証がなされていないのが現実です。
 話を聞けば聞くほど、計画当初から「無謀」であったことが明白なこの「愛宕山開発事業」を押し進めている政府に対して、改めて疑問を感じました。
 
土曜日なのに作業が行われていました
20060605213128.jpg

 錦川の砂利がダンプで次々に運ばれてきていました。
 今日は発破作業はおこなれませんでしたが、毎日2回、ダイナマイトの発破が行われ、周辺の方々は毎日は不安を感じています。
 民家に近いところの岩盤は掘削機で砕かれているので、その音が周辺に響き渡っていました。毎日、一日中この音を聞かなければならないかと思うと・・・
愛宕山ハイキングを行いました
20060605212522.jpg


6月3日(土)、連続講座第1弾!愛宕山ハイキングを行いました。32人の人が参加してくださいました。
仮設の「愛宕山神社」から現在行われている愛宕山開発現場を見ました。
海抜123メートルあった「愛宕山」がすでに海抜60メートルの小さな山になってしまいました。
 山が小さくなったことで、台風などの風がひどくなり、昨年の台風の折りには、物置やガレージが飛ぶなどの被害がありました。日常的にも砂が屋根や樋につまり、樋が壊れるなどの被害が起こっています。
愛宕山ハイキングを行いました
20060605212522.jpg


6月3日(土)、連続講座第1弾!愛宕山ハイキングを行いました。32人の人が参加してくださいました。
仮設の「愛宕山神社」から現在行われている愛宕山開発現場を見ました。
海抜123メートルあった「愛宕山」がすでに海抜60メートルの小さな山になってしまいました。
 山が小さくなったことで、台風などの風がひどくなり、昨年の台風の折りには、物置やガレージが飛ぶなどの被害がありました。日常的にも砂が屋根や樋につまり、樋が壊れるなどの被害が起こっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。