2006年3月12日に行われた「厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地への移駐案受け入れの賛否を問う住民投票」で住民の半数を超える人の「NO!」の思いが表されました。その声を国に届け続けて行きましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日、岩国市長に会いに行きます
3月23日の岩国市議会での突然の決議にみなさま驚かれたのではないでしょうか?
その背後には公明党の変節があったようです。
新聞を見ると変節の理由として「住民投票のころと比べて民意が変わってきている」ということをあげていましたが、本当にそうでしょうか?
また、決議文を見ると、まるで空母艦載機部隊が岩国にくる事は決まっていて避けられない事なので、このままでは振興策をもらえないままに空母艦載機部隊だけが来てしまう‥‥という論点のすり替えがあるように思われてなりません。

空母艦載機部隊が岩国に来る事に岩国市長は反対をし続けているのです。
アメリカのラムズフェルト元国防長官は「歓迎されないところには行かない」と断言しています。
また、沖縄の辺野古を見ても、市や県が賛成しても地元住民が反対し続けた結果、日米両政府が合意し、日本政府が閣議決定した移設案を断念させた実例もあります。
アメリカのジャクソンビルでは住民投票で米軍部隊の移駐に反対の民意が表されたのを受けて、ジャクソンビルへの移駐計画は白紙撤回されたこともあります。

ですから、今私たちは「空母艦載機部隊には来てほしくないのだ!」ということを伝え続ける必要があるのです。

そこで、当会では、明日28日に岩国市長を訪問します.
そのときに市長への声を伝えたいと思います。
私の声も伝えてとおっしゃる方は、今日中にメールをください。
iwakuni_ikasukai312@yahoo.co.jpまで

よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。