2006年3月12日に行われた「厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地への移駐案受け入れの賛否を問う住民投票」で住民の半数を超える人の「NO!」の思いが表されました。その声を国に届け続けて行きましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
修正予算案が可決されました。市長が辞職され、来年早々市長選へ!
今日、岩国市議会最終日に5度目の予算案が提案されました。
午前中の総務委員会で井原勝介市長が辞職を申し出られ、市議会議長に辞職願いを提出され、受理されました。
総務委員会で採決の結果、賛成4、反対4で、議長決裁となり、否決されました。
そこで、容認派議員たちが、4億8千万円を国からの補助金とし、残りの27億円を合併特例債をあてるという修正案が提案され、議論が紛糾したようです。

午後の本会議で、岩国市長は正式に辞意を表明され、市議会がこれを承認しました。
これを受けて、12月28日付けで井原市長は辞職され、この日から50日以内に市長選が行われる事になります。

そして、予算案は原案が否決され、修正案が可決されました。
田村順玄さんは、これ以上、市民を混乱させる訳にはいかない。原案は何があっても通らない。それよりは、今回合併特例債27億円を確保する事の方が重要であり、あくまで国に対して35億円の補助金を約束通り払うことを要求して行くべきであるとコメントされています。

とりあえず、4億8千万は財源が保障されていません。
あくまで国に対して、約束を果たす事を要求して行く必要があります。

そして、井原勝介市長は、次の市長選に立候補を表明されています。
今こそ民意を問い、ねじれを解消する必要があると判断されたようです。
新たな市長選に向けて、全国的にバックアップをしていくことが必要だと思います。

引き続き全国的なご支援をお願いいたします。





スポンサーサイト
岩国市議会を傍聴しましょう!!
12月26日は岩国市議会本会議最終日です。
この日に、新市庁舎の建設費に合併特例債をあてるという5度目の予算案が上程される予定です。
ここで通らなければ、合併特例債をあてることができなくなってしまいます。
これは、昨年の今頃、12月19日に日本政府が2007年度の予算案で、岩国市の新市庁舎建設費補助金35億円を予算計上しないという暴挙にでたことに端を発しています。
すでに建設が始まっており、すでに2年間補助金が実施されていたものがここに来てカットされたのです。
岩国市議会の中の容認派議員たちは、「国からの補助金をもらう為に、現実的対応を」市長に求めていますが、今、国から補助金を求めても、4億7000千万円しか見込めないのが現実なのです。
つまり、ここまでくれば、合併特例債しか有利な財源はないことになります。

5度目の審議です。
一人でも多くの人が岩国市議会本会議を傍聴し、市議たちに市民の思いに即した決断を迫りましょう!!
ぜひ、みなさま26日は岩国市議会へ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。