2006年3月12日に行われた「厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地への移駐案受け入れの賛否を問う住民投票」で住民の半数を超える人の「NO!」の思いが表されました。その声を国に届け続けて行きましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発足のご案内とご協力のお願い
 新緑の季節、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。平素より、様々な活動にご尽力いただき、心より感謝いたします。
 3月12日の住民投票では、圧倒的多数の反対意見で空母艦載機部隊受け入れに私たち岩国市民ははっきりと「ノー」の意思を示すことができました。また4月23日、合併後の新しい岩国市での市長選でも、騒音や犯罪など基地問題に対する温度差があるにも関わらず、私たち岩国市民は移転反対の民意を再び示すことができました。
 でも、政府は地元住民の意思に関わらず日米合意を優先させようとうそぶき、私たちの苦悩も無視し民主主義を根底から否定しようとしています。このような態度を私たち市民は絶対に許すわけにはいきません。
 今、全国的にも住民投票や市長選挙で示された岩国市民の意思が注目されています。国からの一方的な押しつけではなく、岩国の未来はそこに暮らす私たち市民みなで築いていきたいと思います。騒音や米兵犯罪に苦しめられずに安心して暮らせる街を子や孫に残していきたいと願っています。私たちは今、多くの方々とともに移駐案撤回にむけて取り組みを進めていきたいと願い、「住民投票の成果を活かす岩国市民の会」(仮称)を発足いたします。
 ひとりでも多くのみなさまとともに住民投票の成果を活かし、未来に誇れる岩国の街づくりをしていきたいと願っております。みなさまのご参加をどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。