2006年3月12日に行われた「厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地への移駐案受け入れの賛否を問う住民投票」で住民の半数を超える人の「NO!」の思いが表されました。その声を国に届け続けて行きましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
要望書を手渡しました
岩国市長に「政府の無謀な圧力に屈することなく市民の安全や安心の為に、空母艦載機部隊移駐案に断固反対を貫いてください」という要望書を手渡しました。

20061222162259.jpg


岩国市長 井原勝介 殿
 「政府の無謀な圧力に屈することなく市民の安全や安心の為に、空母艦載機部隊移駐案に断固反対を貫いてください」

 井原市長におかれましては日々、市民の安全や安心の為にご尽力くださり心から感謝致します。
 2007年度政府予算財務省原案の内示が12月20日に行われましたが、「米軍再編に絡む空母艦載機部隊移転案への反対」を理由に岩国市新庁舎建設費への補助金は予算計上を見送るという内容に、私たち市民は驚きと共に政府への不信感と憤りを持ちました。
 今年、教育現場では「いじめ問題」が深刻化し国をあげての対策に取り組んでいます。しかしながら、今回の新庁舎への補助金見送りは「基地の街」に対する国からのいじめ以外のなにものでもありません。政府自らがこんな風にいじめを強行してよいものでしょうか。
 こんなやり方はけっしてまかり通ってはならないと思いますし、この圧力にもし屈してしまえば今後こういうやり方でますます岩国は痛みを押しつけられていきます。今こそ岩国市民が一致団結して声をあげる時だと思っています。
 隣接する大竹市長が振興策を理由に容認に転じたことが昨日報道されました。また岩国市においても移転計画の見返りに振興策を求める声もありますが、安心や安全と引き換えの振興策などあろうはずがありません。
 私たち岩国市民は、3月の住民投票、4月の市長選、そして10月の市議選において空母艦載機部隊移駐案受け入れに、はっきりと「ノー」の意思を示してきました。戦後61年間、戦闘機の騒音に苦しめられ、米兵の犯罪に脅かされ続けてきた市民の悲痛な叫びです。
 政府や県や市は、この市民の、国民の声にこそ耳を傾けて政治を行うべきです。政府に対して「これ以上、基地の街をいじめるのはやめてください」と私たち市民は越えをあげ続けていきたいと思います。
 民主主義の時代にあって、圧力による強行というやり方が許されてよいはずがありません。
 私たちは本日、政府に対して、2007年度政府予算財務省原案における岩国市新庁建設費補助金ゼロ査定に断固として抗議し、再考を強く求めました。
 井原市長におかれましても、政府の無謀な圧力に屈することなく市民の安全や安心の為に、今後も空母艦載機部隊移転案に断固反対を貫いてくださることを要望いたします。

2006年12月22日
住民投票の成果を活かす岩国市民の会 
代表 大川 清
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。