2006年3月12日に行われた「厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地への移駐案受け入れの賛否を問う住民投票」で住民の半数を超える人の「NO!」の思いが表されました。その声を国に届け続けて行きましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 12月20日に内示された2007年度政府予算財務省原案では「米軍再編に絡む空母艦載機部隊移駐案への反対」を理由に岩国市新市庁舎建設費の補助金は予算計上にを見送るという内容について、
 市長からも「そもそも市庁舎の補助金はSACO合意による空中給油機受け入れ」に対するものであり、すでに工事が進んでいるにも係らず、もう今更中止できない状況で、約束を反故にすることはあってはならないことであり、国に対して再考を求めていきます」と強く答弁してくださいました。

20061222171148.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
岩国市庁舎建設費は市民の力で
国の防衛費予算35億円削減の暴挙に対し、反対者5万人が、1人あたり1万円の「建設費」カンパで「50億円」を至急集めてください。
 わたしも、1口だしますので。
2006/12/23(土) 09:33:33 | URL | 青木貫之 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。