2006年3月12日に行われた「厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地への移駐案受け入れの賛否を問う住民投票」で住民の半数を超える人の「NO!」の思いが表されました。その声を国に届け続けて行きましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大竹市民は反対の声をあげ続けています.
 参加された方の中から大竹市で働いておられるかつての教え子さんから大竹市議会に対して抗議をされている方のことが紹介され、大竹市議会が容認したとしても市民は反対の声をあげ続けておられることがわかりました。

20061222171830.jpg


 井原市長も大竹市民のことも気にかけておられ、特に騒音被害が増大する阿多田島の方々のことを心配されていました。阿多田島の方々も本当は反対なのに、どんどん反対の声をあげることが難しい状況に置かれている現状を紹介したところ、市長から「そのようなことはあってはならない」とコメントしてくださいました。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。