2006年3月12日に行われた「厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地への移駐案受け入れの賛否を問う住民投票」で住民の半数を超える人の「NO!」の思いが表されました。その声を国に届け続けて行きましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 30分弱という短い時間ではありましたが、参加者一人一人がそれぞれの立場からそれぞれの思いを市長に伝えました。

 大川さんから、「愛宕山開発事業の破綻は、岩国市だけの責任ではなく、国にも責任があるはずだ」と指摘され、それを受けて、田村順玄さんから、愛宕山周辺の自治会を中心とする人々が、愛宕山に鉄条網がはられ、米軍住宅とされることについての不安と怒りも紹介されました。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。