2006年3月12日に行われた「厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地への移駐案受け入れの賛否を問う住民投票」で住民の半数を超える人の「NO!」の思いが表されました。その声を国に届け続けて行きましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2006年、私たち岩国市民は住民投票、市長選で、厚木からの空母艦載機部隊の移転に、はっきりと「ノー」の意思を示しました。にもかかわらず、日本政府は「振興策」をちらつかせ、圧力をかけてきています。これは民意をないがしろにするものに他なりません.
12月末には、国がすでに建設を始めている新市庁舎の建築費補助金を2007年度は予算計上しないと発表されました.自らの約束を反故にする国のやり方をいわくに市民は許すわけにはいきません。
私たちの街の未来を決めるのは、私たち市民自身です。
これからもあきらめることなく声をあげつづけていきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。