2006年3月12日に行われた「厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地への移駐案受け入れの賛否を問う住民投票」で住民の半数を超える人の「NO!」の思いが表されました。その声を国に届け続けて行きましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平岡秀夫衆院議員が国政について報告されました
 まさか約束の途中でカットされることはないと思っていたけれども、テレビのニュースで内示ゼロの知らせを知り、急いで上京し、久間防衛庁長官(当時)と会談をしました。本来SACO予算であり、岩国市民には関係がない!と詰め寄ったところ、久間長官(現大臣)は、「岩国市長には空母艦載機の受け入れに前向きになってほしいと思ってはいるが、すぐには無理でしょう。既に約束していたものを反故にするのは岩国市にとっても困る話だろうと自分は思う。来年度予算計上は時間的には難しいが、何か工夫できないか、事務方に検討させたい」と回答されたそうです。そして、今回のことが官僚の手によって引き起こされたことを感じ、役所と政治家との間がかみあっていないことを感じたと話されました。20070211223601.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。