2006年3月12日に行われた「厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地への移駐案受け入れの賛否を問う住民投票」で住民の半数を超える人の「NO!」の思いが表されました。その声を国に届け続けて行きましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米海軍掃海艦「パトリオット」の岩国基地内岸壁への入港に対する抗議声明
2月8日(木)岩国基地は2月9日に沖合移設事業で浚渫された岸壁に、「軍艦は着岸しない」という約束に反し、米海軍掃海艦「パトリオット」が着岸する事が発表されました。そのことに対して、会として抗議声明を発表しました。

米海軍掃海艦「パトリオット」の岩国基地内岸壁への入港に対する抗議声明

米軍岩国基地は、佐世保基地を母港とする米海軍掃海艦パトリオットが2月9日に岩国基地内の港に入港すると発表しました。
 岩国基地の「沖合移設事業」は戦闘機の騒音対策、安全対策であったもので、決して基地機能の拡大・強化ではなかったはずです。しかしながら、移設前は水深15メートル程度の港湾施設が水深13メートル、延長360メートルもの巨大軍港となり、空母でさえ入港可能なものとなりました。
 私たち市民の目の届かない米軍基地内の大型岸壁に、このような一方的な発表で軍艦船が入港する事は絶対に認められません。これは今後、岩国基地内の港湾施設をあらたな港湾機能として本格的に使用し始めようとする実績作りに他なりません。
 私たち岩国市民は昨年3月の住民投票、4月の市長選、そして10月の市議選において「空母艦載機部隊移駐案受け入れ」と共に基地機能の強化・拡大に対して、はっきりと「ノー」の意思を示してきました。
 空母入港にもつながる軍用艦船の入港に断固抗議します。

2007年2月9日
住民投票の成果を活かす岩国市民の会
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。