2006年3月12日に行われた「厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地への移駐案受け入れの賛否を問う住民投票」で住民の半数を超える人の「NO!」の思いが表されました。その声を国に届け続けて行きましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住民投票から1年 その成果を貫き続けるために
愛宕山の米軍住宅転用を許さない岩国市民集会
 今日小雨の降る中、14:00から岩国市民会館小ホールにおいて、「愛宕山の米軍住宅転用を許さない岩国市民集会」を開催し、約200人あまりの方が参加してくださいました。

 大川代表より開会のあいさつがあり、それに引き続いて、愛宕山開発のこれまでの経過についてスライドショーを用いて、少し説明をいたしました。
 それから、ドキュメンタリー映画「米軍再編 岩国の選択」の監督でもある西山正啓監督が、これまでの愛宕山周辺の自治会のみなさまの取り組みをドキュメンタリー映画として現在作成されていますが、その一部を今日の為に編集し、公開してくださいました。
 2月5日の牛野谷地区自治会連合会の方々の山口県への交渉を中心としたドキュメンタリーでしたが、削られる前の愛宕山の写真や愛宕神社で行われていた子どもたちの相撲大会の写真、桜が咲き乱れる愛宕山の写真を織り交ぜながら、地元住民の方々の愛宕山への思いを語っておられる姿を見せていただくことができ、改めて「あの山を削ってしまった」ことの責任を感じさせられました。
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。