2006年3月12日に行われた「厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地への移駐案受け入れの賛否を問う住民投票」で住民の半数を超える人の「NO!」の思いが表されました。その声を国に届け続けて行きましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1周年記念集会アピール
6月9日14:00から、岩国市民会館小ホールにおいて、「わたしたちは立ち上がった ~これまで、そしてこれから‥‥」を開催し、約100名の方が集まってくださいました。

「住民投票の成果を活かす岩国市民の会」1周年記念集会
「わたしたちは立ち上がった ~これまで、そしてこれから‥‥」
 集会アピール


 昨年3月12日、住民投票を成功させるために私たち岩国市民は 立ち上がりました。そして、その日から今日まで、岩国市においては 様々なことが起こりましたが、その度に私たちは立ち上がり、行動を起 こしてきました。
 本来、「沖合移設事業」は、「騒音対策・安全対策・跡地返還」の為であって、決して「米軍再編に伴う厚木から空母艦載機部隊の移駐の為ではなかったはずです。愛宕山開発も「より暮らし良い住宅地になるんだ」と言われ続け周辺住民の方々は泣く泣く了承させられ、掘削機や発破の騒音に耐えて来られました。こんな騙まし討ちを私たちは絶対に許すわけにはいきません。?
 もし、ここで「移駐」を受け入れてしまったら、空母艦載機部隊だけで はなく、次々に岩国に新たな部隊が移駐されることになるでしょう。そうならない為に私たちは精一杯声をあげてきました。そのような私たち市民の「民意」を受けとめ、岩国市長も反対の意思を貫き続けています。
 そんな岩国市に対し、国は山口県を巻き込みながら、次々と 圧力をかけてきています。岩国市の中でも「このままでは『痛 み』だけが来てしまい、もらえるものがもらえなくなる」と地域振興策を求める声が市議会や市民の中からも聞こえてきます。けれども、岩国市長も私たち市民も「痛み」である空母艦載機部隊の移転を撤回させる為に、反対の声を上げ、行動し続けているのです。安全や安心なくしての「地域振興策」などあろうはずはありません。
 今後も、国からの圧力はよりいっそう強くなるかもしれません。けれども、10年先、100年先、未来永劫にわたって後悔することのない ようにする為にも、市長と議会、そして市民が一致団結して声を上げ 続けていきたいと思います。
 私たちの街の未来を決めるのは、政治家だけではなく、私たち市民自身です。
 これから先、岩国市議会だけではなく、山口県に対しても、私たちの 安全で安心できるくらしを守って行くために、私たち岩国市民の思いを伝えていかなければなりません。
 今後もあきらめることなく、この無謀な移転計画が白紙撤回されるま で粘り強く声を上げ、私たちにできることを共に考え、共に行動し続け て行くことをここに確認いたします。

 2007年6月9日

    住民投票の成果を活かす岩国市民の会1周年記念集会
「わたしたちは立ち上がった~これまで、そしてこれから」参加者一同
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。