2006年3月12日に行われた「厚木からの空母艦載機部隊を岩国基地への移駐案受け入れの賛否を問う住民投票」で住民の半数を超える人の「NO!」の思いが表されました。その声を国に届け続けて行きましょう!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はいよいよ投票日です
20080210112909
民主主義と地方自治が問われています。

昨日は沖縄から山内徳信さん(参議院議員、元読谷村長)や大阪から辻元清美さん(衆議院議員)や東京から保坂展人さん(衆議院議員)がかけつけてくださいました。

今日の主役は私達一人ひとりです。
ぜひ岩国の知り合いに声をかけてください。
1月27日に岩国市内全戸一斉ビラ配布が行われます!
12月1日の「国の仕打ちに怒りの1万人集会」実行委員会のメンバーが中心となって、1月27日に岩国市内全戸一斉ビラまきが行われます。市内外からのご参加をお待ちしています。

 ☆午前9時岩国市役所前集合してください。

☆ 参加できる方は事前にtamura@rimpeace.or.jp(田村)に参加してくださる人数をお知らせください。
 ☆なお、当日参加も大歓迎です!!
 ☆9時に来れなくても来れる時間からでもかまいません。9時以降にこられる方はもし事前にわかれば、dijidiji@ezweb.ne.jpまで、当日は090-7540-0332までご連絡ください。
国民ひとりひとりにこの国のあり方が問われています
2月10日に市長選が行われようとしています。
「岩国は負けない~米軍再編と地方自治~」 『週刊金曜日』編に掲載された活かす会のメンバーの文章をご紹介いたします。

民ひとりひとりにこの国のあり方が問われています

 岩国に生まれ育った私にとって、いま起こっている基地問題の予兆は約10年前からあった。幼少より慣れ親しんだ愛宕山を削って宅地開発し、その土砂を使った基地滑走路の沖合移設事業。基地の存在にならされてはいたが、いずれは縮小してほしいと願っていた私は、この計画に納得できず広告縦覧で反対の意思をあらわした。

 しかし、計画は市民の意思を無視して推し進められ、2006年にこの沖合移設事業完了のめどがついた時、突如として米軍再編問題が発覚した。失望と怒りがこみ上げてきた。私たちは、国に裏切られたのだ。幸いその当時は、市長も市議会も反対で一致していたので、少なからず安心して推移を見守った。住民投票、市長選で、はっきりと「ノー」の意思を表したのに、国は以前より約束された建設中の市庁舎の補助金を米軍再編の問題とからめて突然カットしてきた。なんという卑劣なやり方か。

 長年の爆音被害に苦しめられている問題もあるけれども、超大国アメリカの地球規模での戦争には決して荷担したくない。いまこの瞬間にも爆撃で命を落としている女性・子どもたちのことを考えると胸が締め付けられる。逮捕された守屋前防衛省事務次官の時代に強引に推し進めた米軍再編法の見直しを、いまこそ国会で行うべきだ。

 

 2月10日に行われる市長選では、もう一度民意を問い直される。今回の米軍再編の問題は、国民のひとりひとりが自分の問題として、この国のあり方を問われている。「一市民が世の中をかえてゆく。一市民の力は、微力だけれども無力ではない」

小田実さんの残した言葉に励まされながら、明日の展望に望みをかけたい。

(岩国市在住)
修正予算案が可決されました。市長が辞職され、来年早々市長選へ!
今日、岩国市議会最終日に5度目の予算案が提案されました。
午前中の総務委員会で井原勝介市長が辞職を申し出られ、市議会議長に辞職願いを提出され、受理されました。
総務委員会で採決の結果、賛成4、反対4で、議長決裁となり、否決されました。
そこで、容認派議員たちが、4億8千万円を国からの補助金とし、残りの27億円を合併特例債をあてるという修正案が提案され、議論が紛糾したようです。

午後の本会議で、岩国市長は正式に辞意を表明され、市議会がこれを承認しました。
これを受けて、12月28日付けで井原市長は辞職され、この日から50日以内に市長選が行われる事になります。

そして、予算案は原案が否決され、修正案が可決されました。
田村順玄さんは、これ以上、市民を混乱させる訳にはいかない。原案は何があっても通らない。それよりは、今回合併特例債27億円を確保する事の方が重要であり、あくまで国に対して35億円の補助金を約束通り払うことを要求して行くべきであるとコメントされています。

とりあえず、4億8千万は財源が保障されていません。
あくまで国に対して、約束を果たす事を要求して行く必要があります。

そして、井原勝介市長は、次の市長選に立候補を表明されています。
今こそ民意を問い、ねじれを解消する必要があると判断されたようです。
新たな市長選に向けて、全国的にバックアップをしていくことが必要だと思います。

引き続き全国的なご支援をお願いいたします。





岩国市議会を傍聴しましょう!!
12月26日は岩国市議会本会議最終日です。
この日に、新市庁舎の建設費に合併特例債をあてるという5度目の予算案が上程される予定です。
ここで通らなければ、合併特例債をあてることができなくなってしまいます。
これは、昨年の今頃、12月19日に日本政府が2007年度の予算案で、岩国市の新市庁舎建設費補助金35億円を予算計上しないという暴挙にでたことに端を発しています。
すでに建設が始まっており、すでに2年間補助金が実施されていたものがここに来てカットされたのです。
岩国市議会の中の容認派議員たちは、「国からの補助金をもらう為に、現実的対応を」市長に求めていますが、今、国から補助金を求めても、4億7000千万円しか見込めないのが現実なのです。
つまり、ここまでくれば、合併特例債しか有利な財源はないことになります。

5度目の審議です。
一人でも多くの人が岩国市議会本会議を傍聴し、市議たちに市民の思いに即した決断を迫りましょう!!
ぜひ、みなさま26日は岩国市議会へ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。